徒然草 現代語訳 吉田兼好

徒然草を現代語訳したり考えたりしてみる

吉田兼好の徒然草を現代の言葉で書いたり、読んで思ったことを書いています。誤訳や解釈の間違いがありましたらぜひご指摘ください。(序段---冒頭文から順番に書いています。検索窓に、第〇〇段、またはキーワードを入力していただけばブログ内検索していただけると思います)

おしらせ

徒然草」に続いて、このたび「枕草子」を読みはじめました。
枕草子を現代語訳したり考えたりしてみる というブログで記事を少しずつアップしています。
よろしければご覧ください。